傑作選

今日買ったもの。

久しぶりに自分で買いに行った。

なかなかどこにあるかわからなかったんだけど、見つけたら最後の一個。

ソロになってからのベストが出るのかと思ったけどソロになってもう7年になってるのか。

全国回るツアーも始まる。

コロナの影響が気になるが何箇所か行ったことないとこに行ってみたい。

一人旅 2020春

島根・鳥取・兵庫に行ってきました。

サッカーのために広島行くついでで考えていたけど、試合開催されなかったので6年ぶりに山陰を攻めることに。

やはりなかなか移動が難しかったけど、ひとまず世界遺産の石見銀山。

坑道は朝早すぎて入れなかったんだけども。

そこから鳥取砂丘を見に。

久しぶりにレンタルサイクル乗ったけど久しぶりに自転車乗るとテンションが上がる。

砂丘かなりよかったな。

砂丘と鬼太郎ロードといい鳥取の観光スポットは外れないんじゃないか。

他に何があるのかはよくわからないけど。

城崎温泉はただここに入りに来ただけだけど、兵庫の上の方に行くことはなかなかないと思うのでまた行った地域に幅がでてきた。

寝坊により特急に乗ることになったけど、やはり早い早い。

18きっぷメインの旅だけど、ここのところは行く場所も結構大変になって来ているので飛行機もかなり使うようになったし、予算がだいぶかかるようになってきた。

これも年取ったってことかなぁ。

すなば珈琲 “新”鳥取駅前店

帰宅するだけの日だったんだけど朝からトラブル。

二度寝して起きたら電車に乗るはずの時間に既になっていた、、

各停じゃ飛行機に間に合わないので特急に乗るしかなくなってしまって、結果時間があまった。

こちらのお店に行ってきました。

すなば珈琲

鳥取の有名なやつ。

朝からかなり並んでいて。

ボリュームがかなりあってお手頃価格。

ロゴが可愛らしい。

ごっつおらーめん 鳥取店

温泉にちょろっと入るがために往復4時間くらい費やし鳥取に戻ってきた。

ホテルにチェクインしてから夜。

こちらのお店に行ってきました。

愛されて六十余年。鳥取牛骨らーめんのお店 ごっつおらーめん

2日連続のラーメン(笑)

牛骨ラーメンということでまろやかな味わい。

がっつり食べた後には恒例になってしまっているホテルで晩酌。

ストレス発散しないとやってられんので。

ほしえん

旅初日は移動デイ。

出雲に来たならそばかなと思うが、着いたのは夜遅く。

なのでお店は限られている。

こちらのお店に行ってきました。

手打ち出雲そば ほしえん

店に入ったら入ったでしじみラーメンが目につく。

正直そばは以前きたときにも食べているというわけで。

ただ、しじみを食べ貝を捨てというのがめんどいな、これ。

横浜F・マリノス vs ガンバ大阪 @日産スタジアム

驕りがあったな。

ゼロックスと同じでふわっとしたかたちで前半入ってしまった。

ガンバが前からプレッシャーかけてきているのはあるけど、結局失点は自分たちのミスから。

去年夏場の連敗していたときみたい。

自分たちのやることやらないうちにミスで失点しているとそりゃ勝てない。

シドニーは弱過ぎたけど、全北戦はできていたんだからやっていないだけ。

あとはターンオーバーしないと厳しいな。

しばらくACLがないのでそこで一からチームを作り直さないと。

ACLで点を取ったけれど、オナイウをもう少しフィットさせたい。

前から追うのはいいし、裏抜けも積極的だがポジションをもっと守れるようにならないと。

エジガル、エリキ使えばというのもあるけど、シーズントータルで見るとここでどれだけフィットできるかが問われる。

久しぶりに高野見たけど、展開もあるがティーラトンとは別のよさがあって控えにしておくの勿体ない。

正直最後どういうフォーメーションだったのかよくわからなかったんだけど、前線の選手をとにかく配置した割には、前でノッキングすることもなく普通に崩すかたちできてたのはすごい。

相手によっては逆三角形もう一回やっていくのもありかもな。

これで気を引き締めて一からやり直し。

王者とはいえ、驕っていい立場ではまだまだない。

自分たちのやることをやらないで勝てるような立場ではない。

横浜F・マリノス vs シドニーFC @横浜国際総合競技場

オナイウと仲川が一発決めれば量産できそうと思った前回。

さっそく思っていた通りになる。

メンバーは前回と変わらず。

マリノスが強いのか、シドニーが弱いのか。

どっちもだったのかな。

怖いところは全然なかったし、点取るのも時間の問題という展開。

オナイウの1点目には間に合わなかったけど、仲川がこれまであんだけGKにぶち当ててたのに落ち着いてループでしとめるなんて。

2点目もしっかりとったところは風格を感じた。

4点取ったけれど取りこぼしている感が強いのが恐ろしい。

しかも、ここにまだパギ、畠中、エジガル、エリキがいるっていう。

梶川は飛び出しがまだ怪しいけれど、今日も決定機ストップしていたし下手するとパギからポジションとってしまうんんじゃないか。

伊藤も無理したパスがあってそこは畠中には敵わないけど、守備は強く行けてかなりいい。

オナイウは最後まで運動量落ちないし、点も決めてマリノス足りない高さを持っているのが魅力。

左サイドはやはり渓太入れる方が安定するし、どんどん自信を掴んできている風に見受けられる。

あとは今日は大津がよかった、マリノスに来てから見ていてフィジカルはあるけど、もっさりしているなという印象だったけど、今日はレイソルのときのような仕掛けていく動きがあって新鮮だった。

なんかうまくいき過ぎていて怖いな。

まだリーグ始まってないんだよ。

韓国、マレーシア、バングラデシュ、ネパール

マリノスがACL出場しているので、試合を見る流れで無理やり行っていない国へ。

韓国は12月にも行ったばかりなので観光なんかはどうでもよく、とにかく試合。

韓国王者にマリノスのサッカーで圧倒して勝利。

この旅の一番テンション上がるところが初っ端なのでここからテンションをどんだけ保てるかというのが心配なところ。

試合後は仁川空港で夜を明かし、マレーシアを経由してダッカへ。

マレーシア乗り継ぎただすればいいだけだと思っていたら、ターミナルを変えないといけなく、一旦入国しなければいけなかった。

それに気付いたのが荷物検査とかも受けたあとだったので、まさかの逆走。

ちょっと焦った。

ダッカへの飛行機の中はカオス。

バングラデシュ人はたぶん飛行機乗ること自体が少ないのかもろもろルールわかっていないっぽくてCAさんがかわいそうだった。

そんなこんなでダッカに着き2夜連続の空港泊。

夜も明けて市街へ。

電車に乗ってみる。もっとカオスな感じを説明しているブログとかが多かったけど、オカマに絡まれたくらいでわりとすんなり。

ただ、そこからホテルチェックインして街を巡ったが、これがなかなかな途上国。

スマホがまだあんまり普及していなかったり、女性を見ることが少なかった気がする。

考えて見るとアジアのこういう感じの国に来るのは2年ぶりくらいで、なんのルールもないような交通事情とかが今の会社の状態と同じに見えてげんなり。

そしてネパールへ。

ネパールに行く日にホテルで指を切って血が猛烈に出て焦る。

無理やり血を止めて空港までたどり着いたけど、そこで傷が開きまた猛烈に血が出る。

ラウンジで消毒してもらい、ガーゼ巻いてもらってなんとか乗り切ったけど旅で怪我するとか想定していないというか、そもそも血を出すみたいなことが日常ないのでなんかびっくりした。

ラウンジのスタッフのおかげでバングラデシュの印象がちょっとアップ。

ネパールはバングラデシュに比べると圧倒的に都会。

バングラデシュは外国人自体が全然いないけど、ネパールはヒマラヤとかあり観光客がきちんといるし、全然違う。

どんどん成長していきそうな気配がある。

今回は首都だけしかいかなかったけど、やはりヒマラヤは一度行ってみたいところ。

次はユーロを見にヨーロッパかな。

チケットが取れないかもなのが気がかり。

あ、その前に他のACLのアウェイもあるか。